2014年3月30日 (日)

勉強する順番?

今日は雨ですね。
まぁ,ゆえに外の作業はできず,なんか雨の日はマッタリしてしまうので色々調べごとでも。

と言うか,のんびりしてたら家の庭をウサギが走っていきました。
『え!?ウサギ!?(OwO;』的なwww


茨城は野生の王国です(-w-;


今日読んでたのは熱伝導や熱交換についてだったのですが,その中で『熱浸透度』と言うものが。
異なる物質の界面での熱の伝わりやすさ,染み込み易さを考える上での値だそうです。
この数値が同じだと熱が効率よく伝わる,つまり放熱の効率がいいことになりますね。
で,これが電気のインピーダンスマッチングに例えられていました。


さて,ココで電気のインピーダンスマッチングが出てきましたが,これもなんだか面倒な話。
と言うか,『効率がよくなる』はオームの法則を解いていればすぐに分かると思います。
ただ,最初は『反射する』が訳が分からないと思うんです。

これね,そもそもなんで電波って飛ぶのよって話が分かってないと意味が分かりません。

というか,もっと言うと,導体の中を電子は自由に飛びまわれる,流れなくても導体の中で拡散するっていうイメージが無いと,意味が分からないと思います。

電波は電流が流れることによって磁界が生じます。
・・・云々・・・省略します(笑
でもココで一つこんがらがりませんか?

『電流が流れると』磁界が生じるんですよね?(苦笑

アンテナの構造を考えると,アンテナって両端が開放のものがたくさんあります。
え?開放じゃ電気ながれねぇジャン?って。


いえ,流れるんです。一瞬(ナノ秒)ですが。


と言うのが,さっきの導体の中に電子が拡散するって言う話です。
電源に導体をつなぐと,電子は導体の先まで拡散していきます。
拡散っていう表現がいいのかなぁ・・・

電子って,フワフワ・フラフラしてて光の速度で導体の中を飛び回ってます。
で,導体の中は自由に飛べるんですが,絶縁体の中には入れません。

なので,『行ける所』があるとフラフラ・フワフワと迷い込んじゃうんですね。

で,この瞬間は電子がそこへ流れ込んでいく(飛んでいく)ので,この瞬間は電子が流れていきます。

で,電源が交流だったらどうでしょう?
電子が一旦導体の中へ飛んでいきますが,しばらくすると交流なので電圧が逆になります。
なので・・・


導体から電子がバックし来ます(・ω・


電子が行ったり来たり,なんか電波飛びそうですね。


で,後は効率よく飛ぶように,アンテナの長さを波長にあわせて調整してあげればいいんですね。
そうすると電波は飛んでいきます。

で,この波長の話も大事です。
これが分からないと『折り返しダイポールアンテナって短絡のような・・・』となってしまいます。
いえ,当然のことながら直流かけたら短絡します。

長さがちょうど良いので反対側から来た信号とぶつかるときに,同じ電位になるんですね(・ω・

あ,因みにインピーダンスが不整合で反射する理由を簡単に言うと,『流れ具合』が異なるからです。
たくさん流れてきたのに,その先で通路が狭まったらそこで詰まっちゃいますね。
行き場を失い,戻ってくるのが反射です。
ナノ秒の世界で,目には見えない電気の世界なのでイメージわきにくいかもしれませんが・・・
これは,2ストロークエンジンの排気に装着されるチャンバーも同じです。
圧力波と言う見方から,コーンの形状が色々工夫されてますけどね。

考え方によっては,2stのチャンバーってわざとインピーダンスマッチングを崩して反射させているようにも見えます。
そう考えれば,流速が変動するし,周期も変動するので回転数によってチャンバーが効いたり効かなかったりするのも納得,波長が変動するわけですから。

と言うか,チャンバーを見たとき,伝播速度やらから計算しようとした時,波長が頭をよぎった人がココに (;-w-)ノ


はてさて,今回のタイトルなのですが,こう考えると似た現象がたくさんあり,基本的な挙動が同じように見えます。
温度は高いほうから低いほうへ移動する・・・これは電気も水,『流れ・移動』のあるものはすべて同じです。
(見かけ上逆転することもありますが,その場合はなんか仕掛けがあります)

というか,それもそのはず。
根底をなす物理学の法則は変わらないからです。
なので,先に根底をなす『約束事』をしっかりと勉強してからでないと,どこかでつまづいてしまいます。

しかし,この事を考えたとき,学校教育ってそうなってるでしょうか?
『高いところから低いところへ』なんて,5秒ぐらいの時間で先生が口で言っておしまいでは無いでしょうか?
そこをしっかり覚えるような事をしていないように感じます。

まぁ,勉強していくうちにいずれは気が付くことですが,なんか表面を進めているだけのような・・・
最も,限られた時間内に教えることを教えなければいけないし,小中学校は概要を勉強するのが目的と聞いた事があるので,そう考えればこれが妥当なのでしょうけれど・・・


私自身,仕事で流体力学的な要素にかかわるようになってから,電気への理解が深まった経験があります。
また,化学から量子力学に興味を持つようになってからは,更に電気への理解が深まりました。
何で?と言われれば,電子と言う粒子の性質・挙動が頭の中に入ったからです。

化学,数学,工学は,理論とつながり,つまり『理論のネットワーク』になっています。
パズルの解き方,ネットワークの流れの読み方を自分の中に積み重ねていかないと,膨大な理論のネットワークの中で迷子になってしまいます。
ここ数年,後輩に技術を教えるようになってから,『自分はどうやって覚えたっけ?』と思い出すことがあり,そのときに『順番逆じゃね?』と思う事が多くなりました。

これは私だけでしょうか?それとも・・・




そんな事を,ウサギが走り回る(笑)庭を眺めながら考える今日このごろです。

Img_5410_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

今年はなんだか豊作?

さて,庭を歩いていたらこんなものを見つけました。

Img_4463

梅の実です。
と言うのが,ウチの庭,梅が植えてあります。
ホントは,お正月の飾りの盆栽だったんですけどね,地植えしたら最後・・・

Img_4461_2

えぇ~・・・樹齢約20年,立派な梅になってしまいました(苦笑
あ,因みに手前に写ってる南天も同じ盆栽についてたものです(-w-;

不思議なもので,今まで一度も実をつけたことがありませんでした。
今年は初めて実をつけました。

で,今年初めてはこちらも・・・

Img_4482

もみじも種をつけていました。
こちらも同じく樹齢約20年。
初めての種です。

Img_4478_2

・・・って,初めての割にはスゲー量になってます(苦笑
因みに花は・・・

5879c812_640_2

こんな感じです。
花は毎年咲いてたんですけどね?

で,豊作なのは庭だけではありません。

Img_4487

家の前の空き地も野薔薇が満開です(苦笑

Img_4489

こんな感じで,結構きれいな花なんですけどね・・・
自然豊かな茨城県,茨も花をつければ綺麗です。

Img_4492_2

まぁ,こんな調子なので,全体像としては残念な結果になってますが(苦笑


不思議なもので,今年は花付きや実りが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

ゴールデンウィーク終了のお知らせ

はい,今日でゴールデンウィークも終了です。
このゴールデンウィークといえば・・・

Sn3v0209

のっけからこんな調子でした(-w-;
いえ,家の配水管が詰まってて,地中にエルボがあったのですがそこで油や石鹸のカスの塊が詰まってたんです。
で,外れないからとあれこれやってるうちに,最終的には破壊。
はい,直すのも早いですが,破壊するのも早いです。
効果的に『狙って』破壊します(ぉぃ

Sn3v0210

最終的な仕上がりはこんな感じで。
壊すのも早いですが,直すのも早いです(苦笑
そんな調子なので,結構見切りも早く,あっさりと破壊します。
なので壊すのも早いんですね~。良いのか悪いのか知らないけど(-w-;

エルボの貫通にとんでもなく手間を食い,最終的に破壊しなければいけない始末でしたので溜め枡をつけました。
コレで後のメンテも楽々です♪

というのが前半戦の3連休。

後半戦は・・・

Sn3v0250

こんなだったり・・・

Sn3v0254

こんなだったり・・・

Img_4395_2

こんなだったりと・・・つまり,『バイク三昧』ですね(-w-;

今回はただ走るだけではなく,『ココは』と思った道を寄り道。
チョット散策してみたりもしました。
その結果の一つが先日の原発なんですが,もう一つ。

Img_4394_2

ふら~っと走った道の途中に滝がありました。
茨城県北部は,こんな風にポツンと思いもよらない所に滝があったりします。

Img_4408_2

こんな感じで,情緒のあるきれいな滝でした。

Img_4404_2

すぐ脇に神社があり,立派なご神木が立っていました。
周囲の雰囲気としては,トトロの世界みたいな感じです。

Img_4405_2

どうも、奥にも何か建物があります。
しかし,神社含め,入ることができませんでした。
というのが・・・

Img_4406_2

保全地域になっているようです。
文字を読んでみると・・・ふむふむ,イワタバコが生えているんですね。
う~ん,そういう話なら,夏にもう一度来てみよう。
開花時期が夏ですからね。
因みに,セントポーリアはイワタバコの仲間です。

・・・とまぁ,こんな調子であっさりと終了。
5日って長いようで短いですね(--;

さて,明日は仕事ですが・・・使い物になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

デンドロビウム・モノリフォルム

昔から花を育てたりするのが好きで,結構園芸コーナーをぶらぶらしてたりする人間なのですが,ふと目に止まったこんなお花。

Dendro1

おなじみの洋ラン,デンドロビウムですね。
蘭,綺麗ですよね。
でも,蘭って外国の花だと思っていませんか?


否,日本にも普通に生えてます(・ω・


日本にも固有蘭(気候の近い中国や韓国にも生えている種もあります)があります。
シュンランにエビネ,シラン・・・・モジズリソウ(ネジバナ)にアツモリソウ,クマガイソウ,キンラン等,チョコチョコと欄はあります。
シュンランなどはいいとしても,意外かもしれませんがモジズリソウ(ネジバナ)も蘭です。


えぇ,雑草にまぎれて生えてて,草刈のときにあっさり刈られてしまいますが(--;


見つけたと思ったら次の日に草刈されてたりして,がっかりするんですよね(´・ω・`

草みたいで花も小さく,ちゃっぽいかもしれませんが,れっきとした蘭です。
蘭の癖にかなり野生で図太く,霜も平気で種でも増え(というか種でしか増えない),庭に1本植えたら最後,スッゲー勢いで増殖します。
ホント,野生です(´・ω・`

そういう意味では,シランやシュンランも結構野性味あふれてますが(--;

さて,今挙げた蘭,どれも洋ランのようなあでやかさはないですよね?
なんか,いかにも『山野草』ってかんじです。
しかし,なんと!


日本にもデンドロビウムがあり,しかも野生で生えてます( ω・´


学名『デンドロビウム・モノリフォルム』というデンドロビウムです。
私の好きな花です。

デンドロビウムでもノビル系のデンドロビウムで,日本にある種なので耐寒性はかなり強いです。
デンドロビウムとしては最北に生育するデンドロビウムです。

さて,どんなデンドロビウムかといえば・・・

Seecoku7

こんなです。
デンドロビウムは着生植物なので,こんな風に木にくっついてたり,岩にくっついて生えています。

Img

花はこんな感じです。ね?デンドロビウムでしょ?
唇弁(リップ)は洋ランなどに見られるような派手なものではなく,シンプルでちょっと素朴,かわいらしい花です。

さて,『デンドロビウム』なんて名前,普通日本ではつけませんよね?
日本での呼び名があります。

というか,山野草育ててる人はもう分かってますねよ?(苦笑


ぶっちゃけて言うと,これ,セッコクです。


はい,セッコクってデンドロビウムです。
花屋さんによくある,あのいかにも舶来品のような,『デンドロビウム』の仲間です(・ω・



昔は神社の木に生えてたりしてた,ぶっちゃけ『野草』,野生の草花だったりします。
で,コレの仲間を品種改良すると・・・

Dendro1

不思議なもんで,こうなっちゃうんですね。
いえ,これは亜熱帯の色鮮やかなものを掛け合わせたんでしょうけれど。



さて,このセッコク,『昔は』神社の木なんかに生えていた・・・と書きました。
『昔は』です。
実際,見たことないですよね?
何故かというと,一時はやったんだそうです。
その際乱獲され,個体数を減らしてしまったそうです。

で,今では・・・


絶滅危惧種IB,特定国内希少野生動植物種になっています(´・ω・`


なので,勝手に採取してはいけません。

というか,岩手にいたっては絶滅したようです。



あ,因みに先ほど出たアツモリソウ,こちらも絶滅危惧種II類(絶滅の恐れがある種)です。
茨城県ではI類(『近い将来』絶滅の恐れがある)ですけどね。
その他,キンラン,クマガイソウ等もII類です。

そして,エビネやシランも危惧種です。
県によってはI類です。
こちらも一時の流行の乱獲によるものです。
で,シュンランは一部の県(北海道,埼玉県,奈良県,鹿児島県)では危惧種になっているようです。


で,当然のことながらモジズリソウ(ネジバナ)は危惧種ではありません。
ただし,『ナンゴクネジバナ』と言うものだけは,鹿児島県で危惧種II類となっています。


まぁ,あんだけ図太ければそうなるわな(--;


まぁ,野山の減少ならまだ分かるのですが,『乱獲』というのにだけは兎に角呆れます。
アホかっつの。

因みに,どこにでも居る『モグラ』ですが,アレも一部の種が絶滅危惧種だそうです。
別に自然保護主義ではないけど,度の超えた採取や駆除にだけは呆れます。
必要以上の事をしているのですから。
もはや,確信犯です。


で,ああいうのを鼻息荒立ててやってる人が居ますが,頭カチ割って見てみたいです(´・ω・`

別に異常なまでの保護を叫ぶ気はありませんが,やはり自然とはうまく付き合いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)