« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 7日 (土)

2SA1010,2SA1020,2SC2334,2SC2566 Spiceモデル修正?

昔作った2SC2334と2SA1010のSpiceモデルですが,実験用電源の設計で今使っているのですが,データシートから読む値とどうもずれが大きい。
というのも,結構テキトーに作ったモデルゆえ,やっぱズレがあるようです。

と言うわけで,今日はモデルの修正を行っていました。
最も,Spiceに長けているわけではないので,以前同様,ネットやほんの記述をつまみ食いですが(苦笑

今回はこちらのサイトの記述を元に作ってみました・・・

sifoen.project : BJT-Spice パラメーター設定


先ほど書いたとおり,私自信Spiceに長けているわけではありません。
結局あちこちのつまみ食い。
FETはすんなり理解できたのですが,バイポーラはチョット分かりにくい感じです(・_・`ゞ

で,それぞれ自分なりの調整の仕方が皆さんあるようで,どれが正解なのか私自信よく分かっていない部分もあります。
あくまでデータシートと見比べて,どういう風に変化するのか?いろんなグラフと見比べて似た動きをするかな?と言う感じです。
ただ,今回のサイトは説明が分かりやすく,今までよりはずっと似た動きをするように作れました。

さて結果はと言うと・・・

<前回>

.MODEL 2SC2655 NPN (IS=1.647e-13 BF=140 BR=5 RC=0.075 RB=0.375 IKF=1.5 NK=0.25 ISE=8e-13 NE=1.5 VAF=30 CJC=30p CJE=45p TF=1.59n)

.MODEL 2SA1020 PNP (IS=1.647e-13 BF=140 BR=5 RC=0.075 RB=0.375 IKF=1.5 NK=0.25 ISE=8e-13 NE=1.5 VAF=30 CJC=40p CJE=60p TF=1.59n)

.MODEL 2SC2334 NPN (IS=1.686e-12 BF=108 BR=5.25 RC=0.046 RB=0.5 IKF=8.5 NK=0.575 ISE=7e-11 NE=1.5 VAF=12 CJC=45p CJE=68p TF=7.95n TR=7.95n)

.MODEL 2SC1010 PNP (IS=1.686e-12 BF=108 BR=5.25 RC=0.046 RB=0.5 IKF=8.5 NK=0.575 ISE=7e-11 NE=1.5 VAF=12 CJC=45p CJE=68p TF=7.95n TR=7.95n)


<今回>

.MODEL 2SC2655 NPN (IS=5.0E-16 BF=150 IKF=7.0 NK=0.55 ISE=5.0E-16 NE=2.0 VAF=80 RB=1.0 RC=1.2 CJC=30p CJE=45p TF=1.59n)

.MODEL 2SA1020 PNP (IS=5.0E-16 BF=150 IKF=7.0 NK=0.55 ISE=5.0E-16 NE=2.0 VAF=80 RB=1.0 RC=1.2 CJC=30p CJE=45p TF=1.59n)

.MODEL 2SC2334 NPN (IS=2.0E-13 BF=70 IKF=12 NK=0.35 ISE=2.0E-10 NE=2.0 VAF=45 RC=60E-3 RB=28.6E-3 CJC=45p CJE=68p TF=7.95n TR=7.95n)

.MODEL 2SC1010 PNP (IS=2.0E-13 BF=70 IKF=12 NK=0.35 ISE=2.0E-10 NE=2.0 VAF=45 RC=60E-3 RB=28.6E-3 CJC=45p CJE=68p TF=7.95n TR=7.95n)


もうこの際なので,2SA1020や2SC2655も修正して見ました(笑
う~ん,だいぶ数字が違うぞ?(爆

何でも,人によって同じトランジスタのモデルでも結構違いが出るとか・・・
こういうの聞いちゃうと,どれが正解なんだろう?と・・・

やって見るとわかりますが,どこまで細かく調整するか?その値がどこまで影響するか?と言った感じで,確かにばらつきそうな感じはします(・_・`ゞ

2SA1020,2SC2655は2SA1015,2SC1815と似ていたので,あんまり深く考えずに作っていました。
で,データシードに似た動きをしてくれたのでそのままにしていました。
で,その猿真似で2SA1010や2SC2334を作っていたのですが,こちらはずれが大きかったので修正。
同じやり方で作ったらどうなるかな?という意味合いで2SA1020,2SC2655も作ってみました。


で,使って見た結果はデータシートから読んで設計した値とだいぶ近くなりました。
2SA1020,2SC2655もよりデータシートに近くなりましたが,先ほど書いた『2SA1015,2SC1815と似ている』ってのがチョット引っかかってます。
2SA1010,2SC2334は比較対象がないので,データシートと合っていれば特に気にはならないのですが・・・


まぁ,少し様子を見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

大ボケ!連発!

Twitterでぶつくさ書いていたのですが,まぁ,親の病状あんまりよろしくありません。
昔,『治らない』と説明された統合失調ですが,今時はそういうわけではないようです。
そんな話を聞き,自由が利く今のうち・・・と少し積極的に対応しています。

で,今日も親の通院について行きお医者さんと話をして,その後は職業訓練の見学会へ。
私,C言語をあまり使うことがなく,ホント,基本的なことしか分かりません。
制御とかのプログラムは書けるのですが,WindowsやLinuxのアプリケーションを書いた事がありません。
で,そういった学科があったので,『こういう時ぐらいしかチャンスはない』と勉強して見ようかなと思っています。

で,水海道ポリテクセンターへ。
途中,工事の渋滞に引っかかりながらも2時間ぐらいで到着。
思ったより早く着き,なんだかいけそうだなぁ~と。

と,ちょっとルンルンになったのもつかの間・・・
見学会に来た旨を係りの人に言ったら,受付があるとの事で受付へ。
そこで『受給者資格証はありますか?』と。


え?何の話(゚w゚;


え?必要だったの?
途方にくれる私・・・

いえ,実はこの前座があり,ハローワークで聞いたら『6月2日に見学会があります』と言われてよくよく調べたら6月4日だった,と言うのがありまして・・・
これも『時間とか言われなかったけど,自由に見れるのかなぁ?』と気になり確認したら,日にちが違っていたって言う・・・


はい?(-w-;


まぁ,冷静に考えてみれば,『ポリテクセンター = 求職者が行く場所』なので,そこに鼻が利かなかった私が悪いんですけどね(・_・`ゞ


確認の意味もあったようなのですが,見学会への参加って求職活動として認められるんだそうです。
で,求職活動って活動した証明にスタンプを押してもらう(なんか夏休みのラジオ体操みたいですが・・・)のですが,コレが押せないと言う問題が(--;
紙に押してくれて,『ハローワークで求められたらコレを提出してください』とのこと。

なんだかドジしちゃいました・・・トホホ(´・ω・`


で,何とか見学会には参加でき,『あ~,コレだったら受けたいなぁ』と。
学生には分からないであろう,『勉強できる資格と時間がある』という・・・この・・・ありがたさ(-w-;

っても,合間合間で色々勉強したっけなぁ・・・
テクニカルエンジニアのESも取ったし。
後々確認したら,社内にESの免許持ってるの私ともう一人(その人は旧資格のマイコン応用技術者)しか居なかったって言う(--;

今思えば,若さと好奇心でイケイケでなんか色々な物読んだり実験したりしたっけなぁ(・_・`ゞ

あの頃に比べれば,熱さはないかもしれません。
そんなわけで,もう一度熱さを取り戻して見ようか?と。
今の所は受講の方向で考えています。



で,家に帰って夕飯。で,うっかり転寝(苦笑
何でしょうね?25歳ぐらい?から,夕飯食べると転寝してしまうようになりました。
コレがいわゆる『歳』ってやつなのでしょうか?(--;

で,目を覚まし,『そう言えばブログ』と思い見てみると,コメントが入っていました。
以前ダイソーのランプの事を書いた記事なのですが,ご指摘が(苦笑

読んでみると・・・


うは!私大ボケかましてる!Σ(-w-;


コレ,何考えて書いたんだ?ってぐらいの大ボケです。
これは訂正しなければ・・・と,ココまではよかったのよ。

が,なんだか今日は眠くて,どこか寝ぼけてやってたら・・・

ん?

『記事を削除しました』って?


ん゛あ゛!?Σ(゚w゚;


え~,せっかくコメント入れてくれたところに非常に申し訳ないのですが・・・
はい,非常に申し訳ないのですが・・・


寝ぼけて記事削除してしまいました(_ _;!||


・・・資格者票といい,記事といい・・・なんか,今日ボケてるっぽい(´・ω・`


なんか,今日は何やってもウマく行かない予感。
もう,今日は何か手をつけるのやめよう(--;

あ~,なんだかよかったのか悪かったのか・・・なんともトホホな1日でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »