« トラックバックスパム | トップページ | レーサーレプリカと言うバイクと,それにまとわりつく幻 »

2014年3月24日 (月)

PICを使用した時計,設計中・・・

なんだかバイクの事ばかり書いているような気がしますが・・・っていうか,圧倒的に多いのですが(苦笑
一応,『電子工作』や『電子設計』も趣味にしています(-w-;
思い出して見れば,最初に半田ごてを握ったのは10歳のときですから,電子工作暦30年です。
そんなに経ったかね?

で,仕事をしていた頃は帰ってきたら体か頭がヘトヘトだったので離れていましたが,ココ最近電子工作の事が頭をよぎるようになりました。
先日,コタツで転寝していると夢に周波数カウンターとFMラジオが登場。
そろそろ始めようか?と思い,PICを使った時計を設計して見る事に。

さて,マイコンの製作事例での『時計』ですが,ココ最近は取り上げる人も減り製作事例も検索の中では埋もれ気味。
確かに,電波時計が2000円でおつりが来る時代にあまり魅力的では無いかもしれませんね。
かつ,先人がアイディアをあらかた出してしまっているので,今からやる意味を感じないかもしれません。


・・・が,その中で一点気になる事があります。


と言うのが,PIC16F84Aを使った事例などに多いのですが,入出力ポートをLEDなどの出力とスイッチの入力を併用している事例が多い事です。

これはPICの入出力が少なく,LEDの点灯とスイッチになると入出力が足りなかったためです。
これを工夫で何とかなら無いか?と編み出したアイディアだったのですが,ソフトがどうしても複雑になります。
ハードウェアも抵抗器だらけになってしまったり,色々な制約が出てしまったり,結構面倒です。
もうちょっと簡単に出来ないものか?と・・・


と言うのが,先ほど書いた『20年電子工作をしている』と言う点です。
ちょっと変わっているほうではありますが,10歳ぐらいから半田ごてを握る子はソコソコいます。
ただ,子供が半田ごてを握るという点で,色々と状況が良い面・悪い面でちょっと変わってきている気がします。


そんな経験があるので,やはり子供にも作れて,作った後も実用,中学生ぐらいなら意味を理解できるような,そういった『誰もが工作として楽しめる』物を作れないか?と言う思いがあります。


と言うわけで,今回は時計にする事にしました。
で,考えた回路はと言うと・・・

Hm_rev1

なるべく『電子回路として』シンプルに・・・と作ってみたらこんな感じに。
つか,今まで見てきた複雑な回路たちはいったいなんだったんだろう(--;

まず,ポートの入出力切り替えは行っていません。
スイッチのプルアップは,Bポートの弱プルアップで済ませています。
というか,そのために7セグメントの出力1本をAポートに回し,Bポートを2点空けています。

で,セグメントで7点,コモンで4点,スイッチで2点使ったらいっぱいになってしまったので,コロンだけはちょっと工夫を。
10時の桁は7セグメントの『F』を使っていないので,そこをコロンに使いました。
はい,このコロン,ダイナミックドライブされています(-w-;


って,これは簡単になったのか?(´・ω・`


まぁ,部品点数では私の見た限りでは一番少ないような(--;

ソフトと言う点では,面倒になったのは7セグメントの出力が2つのポートにまたいだ点です。
つか,そんぐらいです。
ちょこっとシフトすれば,それでOK。
後は普通にポートを読んで,チャタリング処理して,普通に表示するだけ。

まぁ,だいぶシンプルにはなってるかな?と(--`ゞ

と言うわけで,この回路で行こうかと。
で,ソフトも一応はできたのでMPLABXでデバック中。
時計の処理自体は問題なさそうです。

あ,途中で気が付いたのですが,MPLABX v1.90,どうもTMR0のシミュレーションにバグがあるようです。
OPTION REG でプリスケーラーをセットしているのですが,それが正しく反映されません。

さて,あらかた仕上がり・・・時間もあるので,一度作ってみようかな?と。
つか,時計作るたびに思いますが,スイッチでの操作の処理って意外と面倒なんですよね(--;

|

« トラックバックスパム | トップページ | レーサーレプリカと言うバイクと,それにまとわりつく幻 »

電子工作関係」カテゴリの記事

電子工学」カテゴリの記事

コメント

o(*^▽^*)o

投稿: | 2017年9月 8日 (金) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527962/55503975

この記事へのトラックバック一覧です: PICを使用した時計,設計中・・・:

« トラックバックスパム | トップページ | レーサーレプリカと言うバイクと,それにまとわりつく幻 »