« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

HDR-AS15 on CBR250RR

NSRのことがあり順番が逆になってしまいましたが,日曜日に Action Cam HDR-AS15 でバイクの車載動画をとって見ました。
久しぶりにCBRに乗りたかったので,CBRでの撮影となりました。

撮影は防水ケースを使用して撮影しました。
このケース,音が著しく悪化するとあまり評判がよくないようですが,使ってみると確かにだいぶこもった感じの音になります(苦笑
感じとしては箱をかぶったときのような感じで,ホント,『ケースの中』と言う感じです。
また,ケースの一部が振動でカメラ本体を叩いてしまうらしく,びりびりと言う音が入ってしまいます(-w-;

とは言うものの,音が割れるような事はなく,CBRのエンジンの音・・・いや,一般的にはキンキンうるさい騒音ですが・・・がちゃんと聞き取れます。
こもりとビビリを除けば,全体的には好印象です。

さて,そんなこんなで取れた動画はと言うと・・・



こんな感じで(・ω・♪
さすがに2013年のル・マンで採用されただけあり,ブレの補正はバッチリです。

撮影された動画をみると,景色は動いていないのにアッパーカウルは上下や回転といった方向に動いて映っています。
どうも遠景を基準に補正しているようで,ゆれに応じて移動・回転をASICが行っているようです。
コレはバイクには好都合です。
段差などゆれても風景は極端にはゆれず,とても見やすいです♪

で,動画は良かったけど道はグダグダと(笑

もっとも,白状しますと,昔この道が全面カチカチに凍った状態のときにCBRで走ったことがあります(-w-;
そのほか,ドロドロの道を走ってプチゲロアタになったり・・・
あとグラベルアタックしたり・・・
案外CBRって走破してしまうのよね・・・


はい,CBRでロクな場所走ってないです(;-w-)y-゜゜゜


低照度下ではと言うと・・・



これまたバッチリです♪
低照度下でぶれないのもさることながら,発色がとても綺麗です。

発色に関しては低照度下でなくても鮮やかで,特に青系の色が綺麗に感じます。
音や手振れ補正もとても気に入りましたが,色に関してもとても気に入っています。


さて,こんな感じでとにかく好感触なHDR-AS15。
動画をとるのが楽しみです(・ω・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

NSRの通過儀礼?

さて,先ほども書いたのですがショック・・・と言うか,吹っ切れたというか(苦笑

冬になってからなんだか始動性の悪いNSR。
以前にリードバルブを清掃し調子が戻っていたのですが,どうも今年に入ってからまた調子が悪くなっていました。
前回の点検では清掃だけしかしていなかったので,今回はリードバルブを交換しようと思っていました。

が・・・

今回は見送る事にしました。
因みに,フロントバンク側はやはりへたり気味のようです。
今回は確認のために,リアバンクとフロントバンクのリードバルブを入れ替えて復旧しました。

さて,見送った理由なのですが,センターシールです。
リードバルブをはずすので,あわせてセンターシール抜けも確認してみる事にしました。
結果を言ってしまうと・・・


抜けてました。


リアバンク側にガソリン入れた直後はなんともなかったのように見えたですが,じわりじわりと漏れていたようです。
『1時間待つんだよ~』の言葉のとおり,しばらく放置した後に覗いてみたらフロントバンクに少量ではありますが液体が(_ _;

あ~ぁ・・・

キちゃったよコレ・・・

まぁ・・・


逆に,分かってかえって吹っ切れたというか,なんか笑ってしまったというか(-w-;


さて・・・
修理に取り掛かりますか。


まぁ・・・


別に,こうなったからといって,『即』NSRが死ぬ,ゴミとして捨てられる物になるわけないわけではないので。


原因が分かっているなら直せばよい話。
幸い,クランクシャフトはまだ手に入るようです。
壁に突っ込んでフレームがグチャッグチャ,エンジンも何もかも壊れた,直せない・・・とかではないので。


整備・修理できるうちはまだ乗れます。


何か不具合が合っても,直せるのであれば,それは風前の灯でも火はまだ残ってる。


・・・ホントにそう思います。
CIVIC FERIO のエンジン乗せ買えを経験してからと言うもの,ほんとにそう思うようになりました。


もっとも,問題は費用ですね。
現実的な問題として,クランクシャフト自体はまだ買えますが,お値段はご想像のとおりでお安いものではありません(苦笑

ちょっと計画を立てますかね?
なんにせ,よしばらくNSRは控え,お出かけはCBRですね。


あ,最後っ屁におまけ。



リードバルブは問題がなければ,口に当てて吹くとハーモニカのような音がする・・・をやってみましたww
この説明を書いている人の中に,『乾いているとうまく鳴らないかも?』と言う人がいますが,湿ってないと上手くいかないようです(-w-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSR250R チェーン清掃

日記の更新が数日ありませんでしたが,NSR弄ったり,CBRに乗ったりしてます。
で,昨日・今日は暖かかったのでNSRの手入れをしていました。

まぁ,この後書きますが,ちょっとショックな事になってしまいました(苦笑


と,その前にこの記事ではチェーン清掃について。
やり方は色々と紹介されており,色々試したのですがどうもしっくり来る方法が見つかりません。
今回,自分なりにしっくり来る方法を見つけ,今後はこの方法で行こうかと思います。

通常,チェーン清掃といえば『クリーナーをかけてブラシで掃除,クリーナーが乾いたらチェーンオイルをさす』と言う方法かと思います。
いえ,言われたとおりやればいいんですけどね。
いつも困ってしまうのが『クリーナーが乾いたら』なんです。

と言うのが,そのいわれたとおりにやったことがあるのですが,乾くのに結構時間がかかるんです。
あわせてチェーンの遊び調整とかやればいいんですが,それだけじゃ時間がつぶれない。


なので,何かいい方法ないかなぁ~と(--;


以前,KUREのエレクトリッククリーナーという,プラスチックに使用できるというパーツクリーナーで清掃をし,きれいになるしすぐ乾くので良かったのですが,すぐ乾くゆえ汚れを落とそうとすると結構な量を吹いてしまいます。
右を立てると左が立たない・・・
ので・・・


右も左も使う事にしました(・_・


最初はチェーンクリーナーで汚れを落とし,その後残ったクリーナをエレクトリッククリーナーで流し落とすことにしました。

Img_3816_2


はい,コイツです。
チェーンクリーナーで汚れを落とし,ウエスでよ~くふき取ったら,最後にコイツでクリーナーを落とします。

Img_5314_2

で,エレクトリッククリーナー自体が洗浄液なので拭き残した汚れも落ちてきます。
すぐ乾くし,拭き残しも落ちて一石二鳥です。

Img_5309

そうするとこのとおり。
油や泥汚れは綺麗さっぱりです♪

で,綺麗になったらオイルをさします。

Img_5315

今回はこちら,江沼チェーンのオイルにしました。
これ,とても使いやすかったです。
チェーンオイルって,スプレーで吹いた瞬間からベタベタで塗りにくいイメージでしたが,このオイルは結構さらさらな感じで出てきます。
で,しばらくするといつもの見慣れたネットリとした状態になります。
最初はさらさらなので,チェーンにオイルをさしやすいです。

これ,気に入りました♪

Img_5310

で,仕上がりはこんな感じで♪
このオイル,乳白色(テフロンが入ってるからかな?)なのでオイルが塗ってるという感じになりません。
見た目も綺麗です。
今度からはこのオイルを使う事にします♪


さて,整備の小ネタ。
チェーンにオイルをさすときに,ホイールなどにかからないようにチェーンの後にウエスを回し手で押さえてやってたのですが,カバーできる範囲は手の大きさ,作業がはかどらない。
みんなどうやってるのかと見ていると,こんなやり方が。

Img_5308_2

チェーンの後に新聞紙を回して飛散防止をするというもの。
範囲が広いので作業もラクラク♪
なんですが・・・

いかんせん,新聞紙ゆえ腰がなくあっちにベロ~ン,こっちにベロ~ンと(苦笑

新聞紙もバッチリですが,ダンボールの方が更に良いかと思います(-w-;
今度はダンボールでやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

マクドナルドとコラムと分析,文章と言うもの

まぁ,こんなページを見つけました。
あ,別に批判のしあいで終わるわけではありません(苦笑

マクドナルド、復活への道筋は?人気ハンバーガー店と比較してわかったこと

まずは読んで感想を。

フムフム何々・・・
う~ん,文句なのかけなしてるだけなのか分からん文章だな(苦笑

そうねぇ・・・

『思いつかない』といわれてしまったマクドナルドファン・・・まぁ,ファンというほどではないけど,新しいメニューが出ると大体食べに行くし,ふと気が付くと食べてるっていうユーザーからすると『それはあなたの食事に対するライフスタイルの問題では?』としか(苦笑

というか,果たしてご飯を食べるのに意外性は必要なんだろうか?
多分,そこを書きたい文章ではないのだろうけれど,それがスタートで話が展開していくので,結局『?』な文章になってしまいます。
そのほか,『ファンというものが思いつかない』等,自分の尺度で話を進められてしまい,個人的にはホントに『?』となってしまいます。

『体に悪いイメージ』というのは確かにありますし,健診で高脂血症に引っかかり,病院にいったときのときにもろに例にでてきました。
多分,『敬遠する』ユーザーはココがひっかるのでしょう。
ただ,『あまり行かない』ユーザーはコレが原因でしょうか?

こんな人がいました。
『マックはジャンキーな味だ。モスの方が旨い』という人です。
この人はモスバーガーは食べているのです。
なので『体に悪そうだ』はあまり問題ではないのでしょう。

そもそも,仮に体に良さそうなメニューを作ったとして,同じメニューに今までのメニューが並んでいたらユーザーはどう思うのだろうか?
だからといって,体に良さそうなメニューにすべてを切り替えてしまったら今までのユーザーはどう思うのだろうか?
と言うか,マクドナルドが食育に力を入れて取り組んでいるいることや,サラダ等のメニューがある事はご存知だろうか?


って,内容について話を進める前に,ココで大事な問題を解決していません。


はたして,これらの意見はどういったバランス,割合なのだろうか?と言う点です。


これすごく大事です。
コレがないと,単なる自分の意見の言い合い,ぶつけ合いになってしまいます。

ココで,この記事に何か円グラフのひとつでもあれば,もしかしたら納得できたかもしれない。
反面,私の文章にもそういったものはないので,マクドナルドが嫌いな人からすれば『はぁ?あんたの勝手な意見でしょ?』となってしまうわけです。


まぁ,コラムとの事ですから,わざわざそこまでやる必要もないでしょう。
もちろん,こちらも日記なのでそこまでやる気はありません(苦笑
ただ,文章中の論調から感じる雰囲気は『攻撃的』で,それをデータもナシだと『言いたい放題』と言うイメージになり,少々乱暴さを感じます。


では逆にこんな文章。

日本マクドナルド 経営状況・分析

こちらは,ホントに分析した文章です。
データはないものの,イメージ図があり,文章の流れも論理的です。
こうなると,『フムフム・・・なるほど』となりますね?

と言うか,こういうビジョン,経営戦略だといわれると納得です。
確かに,コレが戦略だとすると,結果のつじつまが合います。


さて,文章に関しても会話に関しても,コミュニケーションと言う場面において,ホントに日常会話だったり,今日の出来事の日記と感想なら気楽な文章でもいいでしょう。
しかし,意見を述べる場所では,やはり『個人の感想』と捕らえられるような文章ではなく『論理的な理由』や『論点と観点の意識合わせ』は必要ではないでしょうか?
最初のコラムもそういった文章はあるのですが,どこか『自分目線』で『自分の目線に引き込む』が不十分なまま話を進めた結果,こういった印象を与えたのではないでしょうか?

でも,コレ難しい事でも何でもありません。
冷静に考えれば,親しい仲の友人との会話の中でそうなっていないでしょうか?

たとえば,先ほどの『マックはジャンキーな味。モスの方が旨い』と言う意見,コレに対し『味はいいけど,ボリュームと値段のバランスが』と言う反応がありました。
この段階でお互いの『論点』を出し合っていますよね?
そのため,でた結果は『味ならモス。たらふく食いたければマック』と言う結果に落ち着きました。
お互いの論点の違いと,それぞれの論点に答えを出したわけです。

私たちは気が付いていませんが,こういったことをやってるわけです。
一方通行にならないためには・・・そう考えると,やる事は案外簡単なようです。

で,この辺は個人的には結構気にしている(もちろん人間ゆえ感情もあり,すべてにそうではありませんが(苦笑))点で,なるべくそういう風に文章を構成するようにしています。
しかし,日常会話では普通にできるのに,文章を書くと案外難しいですね。

やる事は簡単,でもやってみると難しい・・・そんな内容のようです(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

バイク色々

弟とバイクの話になり・・・というより,毎晩そうなるんですが(苦笑
それぞれ乗りたいバイクは何か?という話に。

弟はというと,Todayのような丸みを帯びたレトロ調(?)なスクーターというスタイルが結局のところ好きらしく,でもクラッチの付いたミッション車がいいらしい。
で,2stがいいと。
つまり・・・


ベスパにのれば解決するという結果に(-w-;


だってあれ,スクーターだし,クラッチ付きだし,2stだし。
仮にベスパでなくとも,ジョルカブ弄ればいいという結果に。
てか,意外な事にジョルカブって2003年まで販売されてたんですね。

う~む,なるほど。そういう方向性があったか。

まぁ,私自身,Todayのデザインは結構好きです。
一時,ジョルノクレアに興味があった時期があります。
だってさ・・・


水冷なんだもん(-w-♪


だた,結局買わなかったですけどね。
だってさ・・・


CVTなんだもん(-w-;


あれ?
このパターンどこかで・・・
って・・・


兄弟そろって考える事同じかよ (´-_-)y-゜゜゜


てか,兄弟そろって2stかよ (;--)y-゜゜゜


ダメだこりゃ。


んじゃ,私は?といえば・・・
まぁ・・・


CBR250RRとNSR250Rって段階で (;-w-)y-゜゜゜


なんていうか,『やんちゃになれる』見たいなのが好きです。
NSRとかCBRとかCRMとか。
やんちゃなだけなので,大排気量のハイパワーとかはいらないというか。

250ccの小さなエンジンに,乗る楽しさ,メカの楽しさ詰め込んで・・・

そういう意味で今時のラインナップをみると・・・

CBR1000RR・・・
CBR600RR・・・
CBR400R・・・
CBR250R(MC41)・・・


うん,今乗ってるバイク大事に乗ります(爆


つか,4発のは排気量デカ過ぎ!(-w-;


まぁ,どれも曲がるのは楽しいそうです。
そう考えれば,CBR250Rでも良いんですけれど・・・

どちらかと言うと,CBR125Rの方が興味があります。
鉄ではありますがダイアモンドフレーム,125ccだったら納得の単気筒。
CBR250Rと同じメーターのようで,バーグラフ式ですが水温計も付いています。
車体重量も134kgと軽め,シート高は795mmとちょっぴりコンパクトサイズ。
個人的には結構興味あります。
後はデザインが '12 CBR1000RR 似になれば文句なしです(苦笑

あ,そうそう,CBR250Rとメーターが同じようだと書きましたが,メーターパネルは時計つきです。
燃料計も付いており,125ccにしてはやたらと装備がいいバイクです。

まぁ,なんにせよ気に入ったバイクに乗れてるのは幸せな事です。
このまま乗っていこうと思います♪


あ,CBR400RRと水温計の話が出たので・・・
最後っ屁に・・・

CBR400のメーター,CB400Fと共通のようで水温計が付いていません。
ただ,CB400Fと同じゆえ・・・

燃費計が付いているそうです(-w-;

鈴鹿全開走行中にも・・・燃費が表示されるようです(苦笑
そこは色つけても良かったんじゃないの?HONDAさん(-w-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

古い・・・のか?まぁ,古いか・・・

まぁ,この2日ぐらい色々あったけど気晴らしに駄文でも(苦笑

『NSR250RとCBR250RRに乗ってます』というと,よく『へ~,古いの乗ってるね』といわれます。
いつもコレに対し『え?古いかな?』と思ってしまうのですが,よくよく考えてみれば・・・


1990年代,20年以上前に作られたバイクなんですよね(--;


うん,冷静に考えたら古いわ・・・
でもなぁ・・・
別に普通にエンジン回るし,ちゃんと走って曲がって止まるしなぁ・・・
う~ん・・・
というか・・・


1980年代のバイクでも結構普通に走れちゃったりするからなぁ(--;


ましてや,MC15EやC50E積んでるバイクなんてホント丈夫だし。
とはいうものの,古いのは確か。
まぁ,まだ気にならないし,話の種にちょうど良いです。

が・・・
しかしながら・・・
こういった人がいます。


『旧車ですね』


はぁ?(-w-+


いえ,私,どうも『旧車』という言葉があまり好きではないんです。
『古いご隠居マシーン』みたいに聞こえてしまって・・・・


俺の20年落ちだけど・・・走る・・・よ?(´・ω・`


いや,そういう意味の言葉ではないのは重々承知です。そういう世界があるのも承知で,あながち嫌いじゃありません。あくまで個人的な『言葉』のイメージの話です。


まぁ,個人的な感覚なのですが,私の場合は単純にCBRやNSRに乗りたいだけなんです。
で,ふと気が付けばそのバイクは製造から20年以上経っていた・・・結果的には『古い』バイクだったってだけな訳で・・・
いつも思うんです。


部品の問題とかはあるとしても,古いって問題か?てか,好きなの乗れば良いじゃん(´・ω・`


なんかコレどこかで書いたような気がするんだけど・・・どこで書いたっけ?
忘れた。


まぁ,バイクにのる理由はそれぞれ,好みもそれぞれです。
そのため,いろんな楽しみ方やグループ分けがあります。
なので・・・


きっと,むやみやたらに境界線をまたがないほうが良いんだろうな(-w-;


まぁ,そんなことを感じました。

あ,因みに色々あったのはバイクではありません(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

NJM2100とTL431でスイッチング電源 その2

以前書いていたNJM2100とTL431で作るスイッチング電源ですが,ある程度動くようになりました。

Sw13

変更点としてはコイルをしみじみ計算した(ぉぃ)のと,ループの位相補正のC7を追加,MOS-FETのドライブ回路を変更,エラーアンプからの出力が三角波の100%以上にならないようにR6,R17の辺りで調整しています。
細かいところをいうと他にもいろいろありますが,大きな変更点はその辺です。

Sw14

で,結果はこんな感じです。
緑が出力電圧,赤がエラーアンプの操作出力,青がコイル電流です。
まだソフトスタートを組んでいないので,起動直後にオーバーシュートがあります。

Sw14_2

C7を追加し位相が進み側に補正がかかっているので,赤の矢印で示した部分,出力電圧が『下がっている』の『反転』が『進み』,エラーアンプの出力がいったん上昇,水色の線と矢印で示した部分の電圧の降下が抑えられ緩やかになってています。

この補正の計算は,ループ全体の位相の話になり計算が結構大変です。
ぱっと決まった計算式があればいいのですが,回路の構成の仕方でそこらじゅうに時定数が現れ,そう簡単にはいきません。
仕上がった回路を眺めながら,それぞれ時間とゲインの要素に置き換えて計算するしかありません・・・

ので・・・

Spiceで補正コンデンサの値を弄って探しちゃってます(--;

もう,途中でめんどくさくまりました。
こういう時,Spiceって便利ですね・・・
って,サボってるだけか(-w-;


エラーアンプのゲインは47倍となっていますが,もうちょっと高くても平気かもしれません。
フィードバックのループになっているので,制御のループ的に考えれば,あまり低くすると残留偏差が大きくなることになります。

じゃぁ,バンドはいくつ?と考えると,・・・
三角波発振器の振幅が2Vでしたので,エラーアンプの出力が1V変化するとデューティー比は50%増えます。
スイッチング電源の理屈上,50%デューティー比が上がればスイッチング電源の出力電圧は入力電圧の50%相当上がります。
今回の電源回路は入力を15Vとしているので,7.5V上昇する事になり,1Vの変化が7.5Vの変化になるという事はバンドは750%という事になります。
バンドはゲインの逆数なので,エラーアンプのゲインは1÷7.5となり,なんだかとんでもなく小さな値になってしまいます。

今回の回路を全うに考えると,リセット33.3%,バンド750%という事になるのですが,コレをまじめに電子回路で書き始まったら大変。
なので,アンプのゲインは発振しない範囲で高くし,位相補正でイイトコにもってってしまっています。

エラーアンプに積分を持たせるといいずれリセットがかかり,33.3%に到達,そこからは比例帯に従いぴったりに動くはずですけどね。
起動を早めたければ,マニュアルリセットとして33.3%を与えればいい・・・
って・・・


マテマテ,制御ループじゃないってば(-w-;


まぁ,そんなことを考えながらやってみた結果はこんな感じでした。
まだ負荷変動を見ていないので,その辺を見るのと,ソフトスタートを考えれば完成しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タバコの香り

今日,ちょっと気になった事。
以前,ご当地タバコのプレゼントキャンペーンに応募した事があり,時折,新製品の試供品が届きます。

で,ココ最近は周囲の嫌煙者への配慮から,タバコの臭いの少ない製品が『D-Spec』という名称で販売されています。
ただ,吸ってみると回りに臭いがしないのは良いものの,『吸う側にも香りがない』というのがホンネです(苦笑

え~っと・・・


吸いたいのはニコチンじゃなくて・・・タバコ・・・だよ?(´・ω・`


吸わない人からすると『・・・へ?』って感じでしょうし,嫌いな人からすると『どれもくせぇよ!』って感じでしょうけど・・・
え~っと・・・
何かないか・・・


たとえば!


お茶やコーヒー。


お茶やコーヒーは香りや味を楽しみます。
茶道をやっているわけではなかったり,コーヒーミルを持っていなくても,缶コーヒーではRootが好きとかDyDoはおいしいとか,お茶なら伊右衛門が好きとかがあるわけです。

でも,別に『カフェインを摂取する』ために飲んでいるわけではありません。
オレンジフレーバーのコーヒーはコーヒーでしょうけれど,『オレンジの香りのするカフェイン水溶液』はコーヒーではないわけです。


イメージ的にそんな感じです。


まぁ,今時タバコは『敵』なので吸えるだけましかもしれません。
とはいうものの,やはり味や香りは楽しみたいもの。

やはり,タバコに香りや味はほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーンコンバート後・・・チェーンスライダーは?

チェーンコンバートから何日か経ち,ふと気になったことが一つ。
チェーンスライダーです。

スイングアームには,チェーンとスイングアームが接触して互いに損傷しないように『チェーンスライダー』が付いています。
チェーンスライダーも車種によって形状や作りが色々ですが,↓の写真のように,チェーンの通る部分に溝?レール?のまっすぐなでっぱりが付いているものがあります。

03841_med

じゃぁ,出っ張りの部分何が通るかというとチェーンが通ります・・・・って当たり前か。
このでっぱりがチェーンの内側に入り,チェーンがまっすぐ進むようにしてあるようです。
CBR250RRのチェーンスライダーにも付いています。

で,ココで気になったわけです。

そう言えば,520って428よりも幅が狭いけど,引っかからないのかね?(・ω・

気になってみたのですが,見るだけ無駄でした。
というのが・・・


私のCBR,チェーンスライダーが損耗によりやせており,引っかかっていませんでした(爆


って,ダメジャン!(-w-;


あら,気づかないうちにまた地味な場所が(--;
まだだいぶ残ってるんでもうしばらく大丈夫そうですが,逆にまだ部品出るのか?地味に不安になってきた・・・

そこの所にきて,幅も気になったし・・・
使えそうな520幅のチェーンが装着されているチェーンスライダー・・・

あ,あるかも?
しかも,ちょうどいいことにすぐ隣にあるじゃん♪
ほら・・・

Img_4520_2

ここに(・ω・♪


あのね,2台体制になってからというもの,『ひょっとすると?』と見比べる事が結構あります(-w-;
もっとも・・・


たいていの場合,ことごとく使えないんですけどね ||!orz


さて,今日もダメもと!確認してみます!
まずはCBR250RRのスライダーは・・・

Img_5268

こんな感じ。
取り付けのビスがチェーンの外側ですよね?

ところがNSR250Rは・・・

Img_5266

あら~,全然形状が違うじゃない(-w-、

というか,スイングアームの形状がことごとく異なります。
同時期,どちらも同じ『非対称ガルアーム』だからいけるかな?と思ったけど残念!

う~ん,今は問題ないものの・・・
いずれ交換になったとき,仮に部品があったとして・・・

う~ん,気になります。
後々確認してみようと思います・・・


てか,NSRのチェーンも汚れやさびが(-w-;
こちらもそろそろ,お手入れの時期ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

CBR250RR 428→520チェーンコンバート

さて,昨日書いたCBR250RRの520サイズチェーンへのコンバートですが,一通りの確認を終え,とりあえず問題なさそうです。
調べ調べやって,異なるメーカーを組み合わせたりしていたのでちょっと心配でしたが,上手くいきました。

今回使った部品のはこちら↓

Img_5222

チェーン : 江沼チェーン 520SR-X2 (520,110L)
ドライブスプロケット : SUNSTAR 367-15T (CBR250RR,CB400SF,VFR400R,VT250 SPADA 520サイズコンバート用)
ドリブンスプロケット : XAM B4104-47T ※ (HORNET250,VTR250用,)

※スプロケットの丁数は通常であればドライブ15T,ドリブン46Tなのですが,私の場合タイヤを140幅から150幅に変えており,その分を補正するためにドリブンを47Tにしています。

はい,しつこいですがドリブンスプロケットは鉄です。
基本的に耐久性と経済性で私は選びます。


さて,色々と調べた結果も。
各メーカーの適合を見ると,以下のような事が分かりました。

Img_5223

ドライブスプロケット:
・SUNSTARはCB400SF,CB400 Hype-VTEC,VTECⅡ,VTECⅢ,VTEC Revo,CBR400RRの520コンバートスプロケットと適合が同じ。
・AFAMはVTR250,HORNET250,V-Twin MAGNA,XELVIS等と適合が同じで,CB400SFの520コンバートも適合。

と言う結果に。
AFAMは今はコンバートのリストがなかったので,過去に交換をしている人たちの記載から確認しました。

結果を纏めると,CB400SFやCB400のVTECとドライブスプロケットの取り付け部が同じようです。
HORNET250はエンジン自体が同じ(MC14E)なので納得ですが,VTR250も同じようです。
ちょっと不思議なのが,SUNSTARはHORNET250のスプロケットの品番が異なっていました。
もしかしたら,微妙にオフセットが異なるのかもしれません。
他メーカーで探す場合はCB400SFのコンバートから探すのが良いようです。

Img_5227

ドリブンスプロケット:
・SUNSTARのみコンバートの適合の記載あり。代表車種はHORNET250とVTR250。VT250等をコンバートする際も同じ適合。

というわけで,このころの4stの250ccはドリブンスプロケットの取り付け部(ホイールハブ)の寸法が殆ど同じようです。
鉄のドリブンスプロケットがほしかったので,この記載を元にXAMのHORNET250の適合から品番を確認しました。
因みに,品番の頭のアルファベットが『A』だとアルミ,『B』だと鉄のようです。
私は鉄を選んだので,『B』4104という品番でした。


さて,物がそろえば交換です。
基本的な交換の方法は検索すればいっぱい出てくるので割愛し,CBR250RRでのポイントを。

Img_5237

うへぇ~,先延ばしにしてたもんでチェーン錆び錆びです(汗

それはさておき,まずはドライブスプロケットです。
写真のように,スプロケットをボルトでシャフトにとめた構造になっています。
このため,ボルトを緩めようと回すとシャフトが回ってしまいます。
サービスマニュアルにはギアを入れて回せば回るやの記載がありますが,5.0~6.0kgf・mという結構なトルクで締めてあり,緩みません。
トルクに負けてエンジン回ってしまい,空回りするばっかりでじぇ~んじぇん緩みません(--;

なので,チェーンを外す前に,リアのブレーキをかけて回り止めをしてボルトを緩めます!
それ以外で外れたためしがないです!(-w-;

Img_5243

で,お次はドリブンスプロケットです。
こちらもブレーキで回り止めをしながら外したほうが楽です。
そのほか,固定が六角穴の頭のボルト(俗称『六角ボルト』,別名『キャップボルト』『セットボルト』)になっており,頭をなめやすいです。
なので,緩めるときは裏側にあるナットを回したほうがなめる心配は少ないです。

Img_5235

その他,ドライブスプロケットのカバーを外すときにシフトリンクが邪魔になり,シフトシャフト部分をばらすと思うのですが,よく見ると写真のように丸い刻印があります。
この刻印が合わせマークなので,元に戻すときはこのマーク同士を合わせます。

以上がCBR250RRでスプロケットを交換する際のポイントです。


では,続いてコンバート時のポイントです。

Img_5240

このように,コンバート用のスプロケットは歯の部分が中央ではなくずれています。
というのが,520の方が428よりも幅が狭いんですね。
なので,減った分,中心がずれています。

で,うっかり長いほうを内側(エンジン側)にしてしまいたくなりますが,長いほうが外側です。
コンバートするとドリブンスプロケットも薄くなるのですが,ハブの位置が変わるわけではないので,歯の中心は内側へずれます。
なので,ドライブ側も内側にずれる訳です。

Img_5239

こうやって見ると一目瞭然,短いほうがエンジン側になります。
また,厚みが減っているのも分かりやすいと思います。

で,仕上がりは・・・

Img_5251_2

こんな感じで(・ω・♪

Img_5252

うむ・・・やっと250ccらしくなったというか(苦笑

Img_5263

いつもは気にしませんが,今回は仕様を変えているのでチェーンアライメントも確認してみました。
チェーンアライメントも大丈夫そうです。


さて,一通り作業が終わったので,茨城県をぐる~っとひとっ走りしきました。
特に異常もなかったのですが・・・・コレといって変わった感じもなく(笑

普通に,『あ~新しいチェーンだなぁ~』と(-w-;

まぁ,当たり前ですね。
反面,フリクションがどうの,重さがどうのといわれる事がありますが,そういったメリット・弊害も特に気になりませんでした。
ちょっと気になったので重さを量ってみたのですが,520のチェーン,スプロケットあわせての重量は3.35kg,428では3.05kgと,たった300gしか増えないようです。
鉄でコレですから,アルミを使えば簡単に±0になってしまいそうな気がします。

理屈はいろいろありますが,やってみれば現実は誤差程度のようです・・・


さて・・・
整備の小ネタでも?

タイヤを交換した後,古いタイヤ捨ててしまうかと思いますが,1本とっておくと便利です。
というのが,こんな風に使います。

Img_5244

このように,下に敷いて使います。
というのが・・・

Img_5245

このように,ホイールにはブレーキローター(ドラムブレーキであればドラム)が付いており,そのまま地面に置くと傷つけてしまうんですね。
なので,下に何か置くのですが,このタイヤにはまっていたタイヤなので当然サイズはぴったりです。
なので,とっておくと今回のようなスプロケット交換のほか,タイヤ交換やブレーキの整備の際に便利です(・ω・

Img_5248

あと,ホイールには両サイドにカラーが付いており,そこにダストシールがはまっています。
ここにごみが入ったままだとシールを傷つけ,早く痛めてしまうので,今回のようにホイールを外したときはついでに掃除しておくと少し長持ちします。

え?『ついでかよ!』って?
ものぐさなので何事も『ついでに』です(-w-;

組み付け時は,シリコングリスを塗っておいてください。(シリコングリスはゴムやプラスチックを痛めないので,ゴムやプラスチックにはシリコングリスを使います)
シリコングリスを塗っておくと滑りが良くなるのでシールを長持ちさせるのと,グリス自体が粘り気があるので,シールの密閉が更に良くなります。

Img_5241

グリスといえば,こういったシャフト等の金属部品。
グリスは油ですから水をはじきますし,空気を通しません。
グリスを塗っておくとさびの発生を抑える事ができます。
ボルトのねじ部分に塗っておくのも効果的で,特にアルミやステンレスには効果大です。
ねじの場合はモリブデングリスを使い,シャフトの場合はモリブデングリス『以外』のグリスを使います。

モリブデングリスには『二硫化モリブデン』という粉が入っており,鉛筆のように削れる性質があり,滑りを良くするという性質があります。
なので,モリブデングリスを塗っておくとボルトなどの螺子でさびが出てしまった時,螺子の隙間に残った二硫化モリブデンが滑りが良いので錆びてもボルトを回す事ができます

しかし,モリブデンは金属なので,シャフトやギアのようにこすれ続ける場所に使うと,モリブデンに引っかかれ・・・・つまり研磨され,シャフトやギアが削れてしまいます。
こういった場所にはウレアグリスやシャシグリス等が向きます。
このように,グリスにも適材適所があります。

今回のような作業に関連する小ネタはこんなところでしょうか?


さて,チェーンも新品になり思う存分CBRに乗れそうです。
520の方が428よりも耐久性があるので,どれだけ持つか?楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

アルミと鉄

さて,今日は久しぶりにCBRの整備を。
何でココ最近CBRに乗っていないかと言うと,チェーンが伸びてたんです。
で,金銭面やら時間の面やらでずっと手付かずだったのですが,まぁ,その両方ができて,気分も落ち着いてきたので,ここ数日から色々と手をつけ始めました。

で,今回は・・・と言うよりCBRのチェーン交換は初めてなのですが(苦笑
CBR250RRのチェーンは『428』と言うサイズのチェーンを使用しているのですが,おなじみの『520』サイズのチェーンにコンバートしました。
理由はただひとつ・・・

だって428,伸びるの早いんだもん。あのさ,CBR250RRは原二じゃないよ?(--;

いいか,よく聞け・・・
機械における正義とは・・・


耐久性だ(`・ω´・


えぇ,そりゃ大好きですとも。
パジェロとか,ランエボ,インプレッサのようなタフさ。
大好きです。


対比的にロードレース等の何もかにも捨て,犠牲にし,すべてを性能だけに捧げ,短い命を燃やしつくす『一発マシン』の儚さ,一瞬の輝きが愛おしく思えるのですが・・・


あれです,アスリートなどの全てをそれに捧げた的なかっこよさ,あれに近いですね。
あと,百万本のバラに登場する絵描きの心に残る,儚くも燃える恋の思い出のような。


あ,機械におけるキモオタとは,つまりこういう人のことを言います(・ω・


真の機械キモオタは思想や発想がキモイです。


まぁ,それはおいといて・・・
とりあえずチェーンのの交換がてら,520コンバートを行いました。
チェーンって意外と値段するんで,お金出してまた同じ結果が見えると言うのも嫌なので,もうこの際,520にコンバートしてしまいました。


で,ココでまさかの本日のタイトルです(笑


元のサイズとは異なるサイズのチェーンを使うため,当然,社外品のスプロケットを使う事になります。
で,社外品のスプロケットはアルミ製の方が圧倒的に多いです。
いや,超ジュラルミンや超々ジュラルミンなのは分かります。
うん,軽いのも分かります。
でもね・・・


常にチェーンに引っかかれながら回っているも同然の場所に,なぜ耐磨耗性の低いアルミを使うのか?私は理解できません(-w-;


大事な事なのでもう一度・・・
機械における正義とは・・・


耐久性だ(`・ω´・


って,そろそろゴミとか投げつけられそうだな・・・


まぁ,この辺は好みの問題でしょうから,好きなの入れるのが正解ですけどね(-w-;


と言うわけで,私は『耐久性』って物によだれが出る人なので,XAMのスプロケットを買いました。
XAMの広告ステキですよ?
ある意味,すごいキャッチコピーです。

『XAMには鉄がある』

・・・ね?
アフターマーケットのパーツにもかかわらず,『アルミではない』を売ったという,この強さ(苦笑
そのフレーズが頭に残っており,『やっぱり鉄のスプロケットがほしい』と思ったときにXAMを思い出してしまったわけです(-w-;


さて,だらだら日記だけじゃ役に立たないので,少しは技術的な話でも。
いえ,『超ざっくり説明!誰にも分かる工学講座的日記』を目指してるもので(笑

時折,アルミの方が強いと勘違いされている方がいますが,コレは違います。
引っ張り強度にしても硬度にしても,アルミよりも鉄の方がはるかに高いです。

じゃぁ,なんでアルミを使うのか?というと,軽いからです。

もうちょっと説明すると,軽いので厚みを増したり構造で強度を出してもトータルで鉄より軽く作る事ができるためです。
あくまで『上手く作れば』ですけどね。

たとえば,ツインチューブフレームなんてものがありますね?
断面は『目』の字の形をしており,見方を変えれば四角いパイプを3つ重ねた構造です。
同じ厚みの材料でも,板よりも箱形の方が丈夫,ましてやそれを3段重ねにしているのですから丈夫ですね?
また,パイプなので中は空洞,軽いわけです。
このように,『構造』で強度を出しつつ軽くしています。

コレは,ある意味以前説明した『トラス』と同じです。
形で工夫する事で強度を出し,全体としては少ない材料・・・言い換えれば軽くしているわけです。

では逆に,鉄でそれをやったらどうでしょう?
当然,鉄でも構造を工夫すれば丈夫にできますが,仮に3本重ねるにしてもそれぞれ1本のパイプ自体にも強度は必要です。
たとえば,薄く作ったら角の部分は良いものの,平面の部分に何か物をぶつけたりした時に凹んじゃいますよね?
だからと四角の面の部分にも強度を持たせようと厚みを増すと重たくなりますし,厚く作ればわざわざ合わせなくても強度が出てしまいます。

つまり,結果的に重たい挙句に不必要なまでに丈夫に仕上がってしまいます。

じゃぁ,パイプを細くし面が曲がりにくくすれば?っていうのもありますが,そうすると加工が大変です。
鉄はアルミのように柔らかくなく,曲げるのは大変です。
また,細くなった分,強度が落ちてしまいます。


あ,因みに工学の設計って,こんな風に『次から次へと出てくるモグラ』を延々とたたいてる・・・そんな感じです(-w-;

はい,『難しい』というより『大変』と言った方が合ってます。


と言うわけで,アルミのまねをするよりも,鉄はトラスの方が向いてるんですね(-w-;
『鉄のトラスフレーム』『アルミのツインチューブフレーム』というのは,金属の性質上,理にかなった構造なんです。

ただ,先ほどから聞いてても分かるとおり,トラスにしてもツインチューブにしても『構造』なので,新たにいいアイディアが見つかれば『鉄とアルミ,どちらが優れているか?』は変化します。
また,アルミよりも鉄の方が安いので,価格帯によってはどちらが適するかは変わってきます。
そのほか,今回のスプロケットのように,使う部分によってもどちらが優れるかは変わってきます。
『どちらが良いか?』は,機械的な観点,工業製品的な観点と,技術の進歩しだい,設計しだいで可とも否ともなるんですね。


とまぁ,こんな感じで『アルミと鉄は性質が異なるので使い方が違う』というわけです。
この使い方や性質が異なるため,『鉄のフレームはしなる』『アルミのフレームは突っ張る』と言った事がおきたりするわけです(苦笑

というわけで,今日は材質とその工学的な食し方でした。

さて,今日はチェーンアライメントの確認ができなかったし,タイヤのエア確認もできなかったので,明日も延長戦です。

Img_5252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

NJM2100とTL431でスイッチング電源

あ,別にスイッチング電源病の禁断症状がでたわけではありません。
HDR-AS15用の電源がほしいだけです。
昨日のMC34063/NJM2360もそのせいです(-w-;

さて,たまたま手元にMC34063があったので弄っていましたが,やっぱりどうも好かないです。
しばらくSpice上で弄ってたのですが,だんだん回路が複雑になってきたので諦めました。
MC34063はMC34063らしく使う事にします。

で,一度はオペアンプでスイッチング電源を書いた身。
工夫すれば,回路規模はそんなに大きくならずにすむ事も分かっています。
なので,やっぱりオペアンプで組む事にします。

あ,因みに部品箱に入っていたのはLT1170ではなく,LM2596-ADJでした。
こちらも使い勝手のいいスイッチング電源ICです。
トランジスタ内蔵,データシートも設計条件や計算式がしっかりしており,データシートに書いてあるとおりに設計すればスイッチング電源が出来上がり,扱いやすいと思います。


さて,今まで設計した回路は三角波発振器にNE555を使用しており,オペアンプとNE555,基準電源にLT431といった具合に結構なICを使用していました。
コレをもっと簡単にできないだろうか?と思い,今回は設計を進めます。

で,稲穂さんお得意のあれが・・・

そう,基準電源のようで基準電源じゃない・・・


秘儀!TL431でエラーアンプ!


まぁ,分かっちゃえば秘儀でもなんでもないんですけどね(-w-;
分からないと言う方は,こちら (2012年10月12日 3石で作る昇圧スイッチングレギュレーター その3) をご覧ください。

で,出来上がったのがこちら。

Sw1

うむ,すばらしきやっつけ仕事だ!一部,値が微妙だが問題ない(爆

因みにいろんな所がカンの値で,殆どまともに計算してません(-ω-;

ポイントはLT431を基準電源兼エラーアンプとしているのと,U1は矩形波発振回路ではありますが,そこから『ナンチャッテ』の三角波を取り出している事でしょうか?

フィードバックがかかっているので,三角波は多少直線性が悪くても平気です。
なので,その辺は省略しています。
コレにより,オペアンプ1個で三角波を生成でき,PWMコンパレーターとあわせてオペアンプは2個,2回路入りのオペアンプ1個で済ませています。

で,動作はと言うと・・・
うふふ,ひでぇ動きするんだろうな・・・

Simulation Run ・・・・

いざ!参る!

Sw12

あれ?

もしかして,それなりに動いちゃった感じ?(-w-;


・・・つまらん!(ぇ


とは言うものの,こんな回路でも動くようです(-w-;

ソフトスタートがないので起動直後に盛大にオーバーシュートしたり,まだループゲインを調整していないので電圧の制御が不安定ですが,もうちょっと弄ればいけそうな感じです。
上手く設計すれば,部品箱に転がってる部品で作れるような回路を仕上げられるかも?しれません。

もうちょっと弄ってみます♪
なんだろう,MC34063/NJM2360よりもこっちの方が俄然やる気が出るなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

MC34063 / NJM2360 というスイッチングレギュレーター

ココ最近,検索していると同じような内容とか,内容が薄い,結果しか書いていないサイトが多くてうんざりですね。
で,とにかく通販のサイトが死ぬほど表示されてイライラしてきます。
除外する条件を考えるのすら嫌になってきます。
あぁ,そう言えばこんな珍事が今月の頭にありましたね・・・

「内容薄い」コピペサイトにペナルティ Googleがアフィリエイト運営者に警告

てか,コレまじめに問題な話で,こんな事続けていたら検索サイトはたまったものではありません。
要は『下らない情報』ばかり表示されるようになってしまい,このまま放置すれば情報の陳腐化や偏りを起こし,検索が困難・・・と言うより,検索の妨げになります。
こういった内容は検索サイトへの妨害であるのと同時に,私たちへの妨害行為でもあります。


まぁ,難しい話はいい。何でこんな事かいてるかと言うと,ココでタイトルの件な訳です(苦笑


古くからあるスイッチングレギュレーター用ICとして,MC34063というものがあります。
セカンドソース品として,国内では新日本無線がNJM2360という型番で製造しています。
で,このスイッチングレギュレーター,スイッチングレギュレーターとしてはちょっと変わった動作をします。

Njm2360

図はNJM2360のブロック図です。MC34063も同じです。
スイッチング電源の動作が分かっている人は不思議な構造ですね(苦笑

はい,エラーアンプやPWMコンパレーター(またはPFMコンパレーター)がありません(・ω・

ではこのIC,どうやってスイッチング動作をしているのか?と言うと,RSフリップフロップとANDゲートが味噌です。

基準電圧(Vref)よりもコンパレーター反転入力の方の電位が低い間,コンパレーターの出力はHiとなり,ANDゲートは発振回路(OSC)の出力がHiになれば出力がHiとなります。
で,フリップフロップのリセット入力は丸がついているので反転です。

要約すると,この状態では発振回路がHiになればセット,Loになればリセット,つまり発振回路の出力がそのまま出力されている状態になります。

では,ココでコンパレーター反転出力の電位が基準電圧よりも高くなったらどうでしょう?
コンパレーターの出力はLoとなり,ANDゲートの出力は発振回路の入力に関係なくLoになります。
なので,フリップフロップがセットされなくなります。
なので出力はOFFのままになります。


はい,長いっすね。


全体を要約すると,電圧が低いうちは固定のディーティ比で発振し,いずれ出力電圧が上がってくるので上がりすぎたら発振をやめます。
発振をやめればいずれ電圧が下がりますので,そうしたら発振を再開し,またあげると言う動作をします。
間欠発振をして,長い目では電圧を一定に保っているわけです。
因みに,フリップフロップを使っているのは発振回路のパルスのタイミングに回路を同期させて動作させるためです。


つまり,『簡易』スイッチング電源なんですね(-w-;


で,実は私,このICを毛嫌いして使っていませんでした。
理由は単純で,電圧の制御がON/OFFで,エラーアンプやPWMコンパレーターを使って個構成された回路に比べれば,出力電圧が不安定だからです。


で,さっきの話です(苦笑
みんなどうしてるんだろう?と思い検索したんですね(-w-;

根本的に,私が今書いたような説明すら見当たらない始末。
5年前ぐらいに検索した時は,そういったサイトが検索の先頭に表示されたんですけどね。
最近はなんだか・・・
まぁ・・・・
自粛いたします。
こっちも人を頼ったので。

面白かったのはねがてぃぶろぐさんの所でしょうか?
というか,面白くて時折読んでいますし,参考にしていたりします。

てか,そこでふとアナログエンジニア氏のブログのリンクがあり,ちょっと寂しかったり・・・


まぁ,思いふけってても仕方ないので仕組みから逆に考えて見ました。
スイッチング電源には電流を蓄えるコイルと出力の平滑化コンデンサがあります。

Njm2360_2

このコイル・・・チョークコイルと呼ばれたりしますが,どちらかと言うとフライホイールに近いです。
それはさておき,コイルとコンデンサがつながっており,その部分だけ見れはLCローパスフィルターになります。
で,『L』と『C』なので時定数を持ちます。
これに関しては,過去にオペアンプでスイッチング電源を書いてみたときに気がついた点です。

と,言うのがポイントです。

で,時定数を持っている以上,応答に時間がかかります。
この時間よりもスイッチングが十分に早ければ実用なのでは?と思い,Spiseで試してみるとやっぱそういう事のようです。
逆に大きくしすぎると,『全体の応答が悪くなり』かえって不安定にもなってしまいますが・・・

スイッチング電源全般にいえることではありますが,この回路の場合,仕組みが仕組みなので,その傾向がかなり強いです。
このICを上手く使うポイントは,スイッチング周波数を高めにとることのようです。


さて,取っ掛かりはつかんだもののまだどうも上手くいかない。
もうちょっと弄ってみます・・・
あぁ,μPC1933ほしいなぁ・・・
それとも手持ちのLT1170使うか,それとも,またオペアンプで作っちゃおうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

バイクは・・・楽しむ

ちょっと今日こんな感じの話に出会ったので,今日はコラム的な日記です。
『バイクに乗りたいけど費用が・・・』と言う話。
よくよく聞くと,大型に乗りたいらしいです。

さて・・・


えっと,何でいきなりそんなに費用かかる所から行っちゃうのか?そっちの方が実を言うと不思議なのですが。身の丈にあったもの乗れば良いじゃん(-w-;


私の場合はどうだったか?と言うと,最初は原付でした。
いや,自分で買って乗ったわけではないのですが,仕事で乗ったカブがはじめてのバイクです。


これがね,意外な事にカブで40km/hぐらいでトコトコ走るのって,すごく気持ちが良いんですね(・ω・


特に春の暖かい日差しの中なんかだと,ホント,最高です。

面白いもんで,そのバイクごとに『気持ちよく感じる速度』って言うのがあります。
CBR250RRやNSR250Rだと80km/h位でしょうか?
高速道路だとちょっとゆっくりな位,その辺が気持ちよく走れる速度です。
中型のマルチ(多気筒,CB400やCBR250RR,NSR250R等)だと,大体この速度です。
シングル(単気筒SR400,CBR250R/MC41等)だと,もうちょっと低めで60km/h位が気持ちいいでしょうか?

原付や原付二種は通常単気筒で,原付であれば40km/hぐらい,原付二種であれば60km/hぐらいでしょうか?
あ,原付で40km/hじゃ法定速度超過しちゃってますけどね(苦笑


この話を聞いた段階でどうでしょうか?
なんだか,ずいぶん現実的で実用的な数字が出てきてますよね?
乗り始まると分かるのですが,ぶっちゃけ中型や原付二種,それどころか原付でも十分楽しいです(・ω・

はい,そういうことなんです。

『そんな低排気量じゃ・・・』なんて,乗ってしまったらもう気になりません。
と言うか,『乗ったら結構楽しいから,全然OK!』見たいなタイプの人の方が,ぶっちゃけバイク乗りとして向いてると思います。
これ,『はぁ?』って思うかもしれませんが,結構大事だと考えています。
と言うのが・・・


そういう人はバイク『そのもの』を楽しめる人なんです。


そう,バイク『そのもの』が好きな人なわけです。
そんな調子なので,どんなバイクに乗っても楽しめちゃうんですね。
なので,多分,バイクとの付き合いが長続きする人です。

で,多分そういう人ってきっちり計画立てて決めた道を走る旅ってやらないと思います。
好きな道を適当に乗り継ぎ,まぁ,一応目的地決めとくか・・・的な行き当たりばったりな旅するんじゃないかと。
極論,目的地は『場所』じゃなくて『道』見たいな・・・

この手の人たちは125ccだろうが400ccだろうが,マルチだろうがシングルだろうが,レーサーだろうがアメリカンだろうが,どうでもいいんです。
自分の気に入ったバイクで,自分の好きな道走れればそれでOKな人たちです。

この手の人たちは,多分一生『バイク』というものを飽きる事がありません(-w-;

断言します・・・


バイクは,乗って,楽しむ事に意味がある。


いや,マジで。
コレに気がついてしまうと,ホント,排気量だの誰より速いだの,結構どうでも良くなります(--;


さて,とは言うものの,最初から自分に何が合うのか?は分からないかと思います。
であれば,取り合えず中型(普通自動二輪)免許を取りに行く事をお勧めします。

中型であれば,たいていの場合は教習車はCB400SFです。
とりあえずネイキッドには乗れます。
乗ってみると分かりますが,結構乗りやすいです。
反面,思っているより前傾姿勢です。

『最初から大型とっちゃえばなんでも乗れる』という意見もありますが,一度中型を取ってしまえば,簡単に大型免許を取得できます。
費用面では大型との差額程度を払い,10時間程度の教習を後から追加で受ければ,それで大型を取得できます。

で,CB400にまたがり,少し慣れてきたころに教官の目を盗んで直線でちょっとスロットルを多めに開けてみてください。
ちょっとですよ。
まだ練習中で取り扱いに慣れていないのですから,全開なんて空けないでくださいね。
それでも『え!?こんなに加速するの?』ってぐらい加速します。

因みに,余談ですがCBR250RRやNSR250Rでも全開にすると,相当な加速をします。
『俺,教習所で400のったし♪』位の,なまぬるい気分で全開はやめたほうがいいです(--;


逆に,排気量は小さくても言いという人は,原付からでもいいと思います。
原付免許は簡単に免許が取れます。
費用も2万でおつりがきたと思います。

で,教習・・・というほどではないものの,1時間ぐらい乗り方を教わります。
その際に原付スクーターに乗ります。
仮にそこで中型に乗りたいと思っても,ロスは2万円程度です。

考えようによっては2万円でスクーターに試乗できて,免許までもらえるともいえます。


さてと・・・
後なんか書いとく事あるかなぁ・・・
あ,そうそう・・・

250ccじゃ高速走れないという言葉,あれウソです(・ω・

ビックスクーターだと合流がちょっとしんどいぐらいです。
HORNET 250 や V-Twin MAGNA,VTR等のMT車ならマジな話問題ないです。

というか,今挙げたようなバイクの方がCBRやNSRよりも高速を快適に走れると思います。
レーサーは加速しやすいようにトランスミッションが高回転を使う設計なので,速度を出すとエンジンの回転数が高くなり,うるさいです。

で,250ccでも十分なのですから,400ccなんてもっと快適です。
CB400なんかだったら,ホント,らくらく高速走れます。

もし,大型乗ってる人がそんなこと言ってたら自慢話だと聞き流してください。
そんでなければ,心配性でパワーこそ正義だと思ってる人かもしれません。

で,乗ってもいない人が言ってたら妄想だと聞き流してください。

そんぐらいかなぁ・・・


まぁ,なんにせよ,バイクは乗って楽しんでナンボです。
あまりあれこれ考えすぎず,自分にあったバイクライフを送るのが一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

HDR-AS15 購入・・・

はい,散々GC-XA1の事書いてて,結果コレだよ。

Img_5162

HDR-AS15 こと,Sony の Action Cam,買ってしまいました(--;

いや,商品入れ替えで安くなってたんです。
で,店員さんに在庫聞いたら,更に値引きしてくれて,そのままついつい・・・


まぁ,GC-XA1はGC-XA1で使いますけどね。映像や使い勝手は気に入っているので(・ω・


・・・というわけで,結局買っちゃったHDR-AS15。
やはり特筆すべき点はココ・・・

Img_5171

マイクがステレオです(・ω・♪

Img_5174

更に,外部マイク端子付きです(>w<♪

外部マイクを使えるので,好きなところにマイクをおく事ができ,風切り音対策や雑音対策が簡単です。
もう,音に関しては至れり尽くせり♪
Sonyステキです♪

因みに,この外部マイク端子ですがプラグインパワーです。
取扱説明書にこの辺の記載がないので最初分からなかったのですが,よくよくマイク端子のところ見ると『PLUG IN POWER』と書かれています(苦笑
そして・・・

外部マイクもステレオです♪


手持ちのステレオマイク,AT9902(audio-technica)で試してみたところ,ちゃんとステレオで音が記録されていました。
AT9902はプラグインパワーのマイクなので,プラグインパワーであることも確認できました。
プラグインパワーなのでマイク用に外部に余計な電源を持つ必要がなく,コレは助かります。

もう・・・もう・・・

Sonyさんったら,ステキ!このカメラ!(>w<♪

もう,使いたくてしょうがない。
というわけで,早速 CIVIC FERIO で車載動画とって見ました。



音のわれもなく,マイクに入ったカーオーディオの音からして音質もバッチリ。
ステレオだから臨場感も抜群。

ヤヴァイ,このカメラ,ステキ!大好きだよSony!(>w<♪

当然,映像もバッチリ。
手振れ補正がしっかり利いています。

その他,使ってみて良かった点として,電源が切れた状態でも撮影ボタンを押すと自動で電源が入り,その後,自動で撮影が始まりとても便利です。
うっかり押してしまわないようにロックもできるようになっていたり,良く考えて作られています。

まだ使い始めたばかりですが,非常に好感触です。
防水ケースや別売りのスケルトンフレームに取り付けないと固定が困難ではありますが,そんなデメリットなんてもう完全に吹っ飛んでます。

使うのが楽しみでしょうがないです(・ω・♪


あ,因みに映像を確認するモニターがありませんが,スマホにアプリを入れるとWi-Fiで映像を確認できます。
スマホがなくても,オプションで後付けのモニターがあったり,腕時計のような映像を確認できるリモコン(HDR-AS15だとファームウェアアップデートが必要)があるようです。

そういった意味でも面白い製品です。
これから先が楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GC-XA1 音質改善?

以前から使っている Victor の Sports Cam GC-XA1 なのですが,しばらく使ってみて良い点・悪い点が見えてきました。

良い点としては,防水なのでホントに気楽に使えます。
コレは屋外を走るバイクには魅力です。
また,手振れ補正がしっかりしており,振動の多い2stのNSRでも,ラフにタンクにくっつけただけでも平気です。

そのほか,他のこういったかカメラと違う点として,液晶の画面がついており,画面を見ながら位置調整ができるのは,やはり便利です。
慣れてくれば画面を見ずともできるようになりますが,確認ができるのはやはり助かります。
Sony の Action Cam は,スマホで確認ができるようになっているようです。
『出来上がってからのお楽しみ』はやっぱり不安ですね・・・

逆に,困った点の一つはバッテリーです。
実績だと,Full HD (1280×720,60fps)の動画撮影で1時間半から2時間程度でバッテリーが切れてしまいます。
30fpsでよければエンドレス録画モードにする事でUSBからの給電で撮影ができますが,Full HD ではUSB給電での撮影はできません。

そして個人的に一番不満だったのは・・・


音です。


普通は気にしないんでしょうけれど,個人的にはすごく気になります。
どうも音が割れやすく,終始ゲインオーバー。
バンドエイド貼ったり,色々やってみるもなかなか上手くいかず。

で,もうだめもとで一度分解してみようかと・・・って・・・

Img_5158

あっさりと外れました。てか,両面テープで貼ってありました(´・ω・`

おぃ(汗

でも,あっさり外れてくれて好都合!
いざ!

って・・・

Img_5161

あまりにもあっさり外れたもんだから,準備不足。よってこんな事しか(´・ω・`

はい,真っ先に思いついたのが化粧に使うコットンって言うね・・・
親に言ってひとつもらい,ためしにつめてみました。
『他は?』と考えたら,ファンデーション塗るパフが思いついたって言うね。


あ,大丈夫です。私,ちゃんと男です。『男の娘』とかではありません(--;


いえ,親が理容師&美容師なもので・・・つい・・・
そういえば,最近は男性のコスメとかありますしね。
私は男性のコスメ,特に異論はないです。
男だっておしゃれしたいので。
最も,私はやるだけ無駄なのでやりませんが・・・

でも,パフはなんとなく良い結果が出そうな気がします。
とてもにやわらかく,発砲が細かいですし,弾力があり,よさそうな気がします。
いずれは試してみたいですね。

さて,結果はというと・・・



良くはなってるけど,『解決には至らず』って感じです(--;


ゲインオーバーはかなり改善していますが,筐体に伝わる振動の方がまだ解決できていません。
振動に関しては,どちらかと言うとカメラの取り付けの話になってきます。
ただ,そこをこだわり出すと,せっかくのお手軽に使える感じが台無し・・・

もうちょっとがんばってみます・・・


と言いつつ,実は落ちがあるんだけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変な風

今日(これ書いたのは深夜2時で,日付変わってるから『昨日』?)は全国的に大荒れですね。
かく言う茨城県沿岸部はというと・・・


はい,まったく雪降ってません(ぇ


で?どこが大雪だって?
え?日本全国?


降ってませんけど。何?コレ,非国民的な感じ?


ただ,とにかく風がひどいです。
雨も激しく,台風でも来たのか?って感じです。

ただ,どうも風の様子がおかしいです。
風ってヒュ~って吹き始まり,強くなり,だんだん弱くなり・・・と波のような変化をすると思うのですが,今日の風はドーンと風がこちらを叩き潰しにくるような,衝撃のような風です。
それが1日中吹いており,朝から夜中になった今もなお止む気配がありません・・・

海沿いの地域で,風が年中ひっきりなしに吹いているような場所なのですが,いつもとなんか様子が違う気がします。
なんだか・・・

妙に不気味です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

常磐自動車道 常磐富岡インターチェンジ

以前GREEの一言でぶつくさ書いてたのですが,常磐自動車道の広野~富岡間が通行可能になるようです。
東京から東北へ向かった場合の終点が富岡だったのですが,震災での破損箇所の補修が原発事故の立ち入り制限で遅れており,再開が遅れていました。

以前聞いていた話は3月やの話でしたが,2月22日の予定のようです。

NEXCO東日本 : 常磐自動車道 広野IC~常磐富岡IC間の再開通について


ただ気になるのが,インターチェンジのある場所。

Tomioka_2

黄色は居住制限区域,赤は帰還困難区域・・・って物なんだそうです。
居住制限区域は関係者は入っても良いけど滞在はダメ,帰還困難区域は許可がなければ入ってはいけない場所だそうです。
地図中の富岡の『富』の字の斜め上,赤い点がインターチェンジの位置です。

うん・・・居住制限区域の中です。


えっと,コレ,一般の人通れるんでしょうか?(--;


以前富岡の漁港に行った際,6号線が通行止めになった場所を地図で確認すると,帰還困難区域との境目だったようなので・・・一応,通れるのかなぁ・・・
でもそうだとしたら,余計な事が気になってしまったのですが,居住制限区域との境目,何もなかったような?

つか,『関係者以外は立ち入りは控えてください』なんて,ネットにおかれたPDFファイルに書いてても誰も気がつかねぇぞ(--;
そんなに毎日のようには入りませんが・・・
それこそ,ふと海や磐梯の山を見に行きたくなった時ぐらいですけど・・・

まぁ,なんだか再開通セレモニーまでやるようなので,ニュースで流れるでしょう。
その時にでも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

LaVie G Type-N 復活,そしてZM-86へ

さて,先日メモリーが片肺になってしまっていた LaVie G Type-N ですが,本日復活いたしました。
復活と言うよりは中身8割がた入れ替えでしょうか?
どこから入れ替えたかと言うと・・・

Img_5131

ジャンクと言う事になっていた,このメルヘンなカラーのLN500からです(爆

すごいです。
外側は桃色,内側は桜色です(-w-;
と言うか,復旧までの間しばらくコレを使っていました。
でもね・・・


人間なれるもんだね。2日も使ったら『この色,可愛い感じで結構良いかも♪』とか思ってたよ(--;


いや,外のピンクは『ちょっと・・・』だったけど,内側の桜色は結構好きだったな(苦笑

で,LaVie G Type-N はベースが LaVie N ですので,ボードは同じはずです。
なのでHDDを差し替えればそのまま起動するはずだったんですが,初回起動時いくつかシステムデバイスがインストールされました。
PCI-PCIブリッジなどがインストールされ,ちょっと気になる感じですが,それぐらいで後は特に問題は生じず。
『基本的に』同じと言う感じのようです。

で,しばらく使っていたのですが,このままではホントにこのままになりそうだったので作業開始しました。

分解を開始すると,まぁ,ねじが多い・・・結構手間です(--;
それでも・・・まぁ,比較的分解しやすいほうかな?

で,ボードを取り出し比較してみると,やはり同じもののようです。
ただ,1箇所だけ違う点が。

Img_5143_2

ココの実装に差がありました。
部品取りのLN500は未実装ですが,うちの Type-N は実装があります。
実装されているのは,なんとPIC18F2550。
PICだったのですぐに何に使われているものか分かりました。

と言うのが,LaVie N LN500 は本体の手前側にドットマトリクスLEDのサブディスプレイがあり,時計やアニメーションが表示されます。
このディスプレイ,ドライバーがMicrochipのドライバーで,PICであることが前もって分かっていました。

つまり,コレ,ディスプレイの制御を行っているチップです。

あれ?おかしくないか?

コレがないって事は・・・


このLN500,なぜかディスプレイがない(--;


ん?コレ Versa Pro のボードじゃないか?
と言うのが,同形状でディスプレイを省略して Versa Pro として販売されていたものがあり,ボード自体はそのボードのような気がします。

まぁ,そのほかは同じようなのでコレを使う事にします。
このディスプレイ結構気に入ってたんですが,Windows7にしてから上手く動かず,ココ最近は使っていなかったので,今回撤去する事にしました。

Img_5148_2

さて,組み上がり久しぶりに見慣れたモノトーンの落ち着いた姿になりました。
分解ついでに各部清掃,なんだか買った当時の姿に戻った感じです(-w-♪

で,起動が完了し一通り動作を確認できたのでペンディングになっていたCPUの交換もこの際なのでやってしまう事に。

Img_5122

ホントはこうなるはずだったんだけどね・・・
Turion X2 RM-70 から Turion X2 Ultra ZM-86 になるはずだったんだけど・・・
いや,いったんはやったんだけど,片肺になっちゃったもんで・・・

Img_5151

まぁ,ボードの入れ替えの手間の関係上,このとおり Athlon X2 QL-60 から Turion X2 Ultra ZM-86 への交換のような事態になりました(--;
で,交換の際に1点,気が付いた事があります。

Img_5154_2_2

CPUやメモリーの部分の裏蓋なのですが,四角で囲った部分,Type-Nではシートでふさがれていました。
以前,CPU温度を下げたくてはがしてしまったんですけどね。

ところが,Athlon X2 のLN500はふさがれていません。
Athlon X2 QL-60 のTDPは35W,Turion X2 RM-70 のTDPは31W,この辺の差ぐらいしかないので,TDPに応じて塞いだり塞がなかったりしてるんでしょうね。

今回のZM-86はTDPが35Wなので,はがさないとまずいのかもしれません。
まぁ,元からはがしてしまっていたのでそのまま組みましたけどね。

で,電源を入れるとあら不思議。

Img_5155_2

今回はちゃんとTurionとして認識されました。
元のボードのときはSempronになっちゃったのに。
LaVie G Type-N と LN500,なんだか微妙に少しずつ違うようです・・・

と言うか,型番に思いっきり『LN500』って表示されてますね。
じゃぁ,LN500のボードなんだろうな・・・

Zm86

で,交換後は何もなかったかのように起動。
システムの基本情報でも『Turion X2 Ultra ZM-86 2.4GHz』と表示されています。

Turionx2_rm86_2

因みに,前回RM-70からZM-86に交換したときはこんな画面が出ました(笑
今はCPUすらドライバーがあるんですね(-w-;

で,エクスペリエンスインデックスを確認すると・・・

Zm86_3

RM-70の時はこうだったんですが・・・

Zm86_4

ZM-86ではこんな感じです。
見てのとおり・・・と言うか,CPUを交換しているので,当然のことながらCPUのスコアがあがっています。
4.6だったのが5.2となり,思ったより向上しました。


さて,実際使った感じはというと・・・『速くなった』ではなく『きびきび動くようになった』と言う感じです。
と言うのが,今回のCPU交換,実はクロックのアップが目的ではありません。

Turion X2 RM-70 や Athlon X2 QL-60 のL2キャッシは512kByteなのですが,RM-86はSocketS1のg2世代の最後のモデルで,L2キャッシュが1MByteに増量しています。
はい,こちらが本来の目的です。
クロックのアップは『ついでに』です。

もくろみは当たり,処理が速くなった感じはないですが,全体的にレスポンスがよく,きびきび動くようになりました。


さて,途中ちょっとトラぶりましたがもくろみは当たり,今回は成功です。
BIOSの表示がLN500になってしまったのがちょっと気になりますが,まぁ,良しとします。
コレでまたしばらく,Type-Nを使えそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディレクトリとフォルダ

仕事やめて2日目。
やりたい事はあんなにあったはずなのに,どういうわけか手につかないですね。
そんな調子なので,取り合えずパソコンの中のファイルの整理なんかをしてるんですが,ふと思ったのが・・・


『ディレクトリ』と『フォルダ』と言う言葉(-w-;


私,フォルダの事を相変わらずディレクトリと呼んでしまうことがあります。
昔ソフトを作った時,ファイルのパスを指定するためのボタンのキャプション(ボタン表面の文字)を『DIR』とした事があり,スッゲー突っ込まれました。
『Directory』なので『DIR』です。
MS-DOSのコマンドにも『DIR』と言うものがあり,今いるディレクトリにあるファイルやサブディレクトリを表示します。


って,この説明の段階でディレクトリ,ディレクトリと連呼してますね(-w-;


ディレクトリと言う呼び方は,MS-DOSやWindows3.1のころの呼び方ですね。
なので,どうもDOSの話になるとすぐに『ディレクトリ』といってしまいます。
Windows95からはフォルダーと言う呼び名になっています。

ただ,UNIX系では今も『ディレクトリ』です。
directoryと言うのは住所録の事で,ファイルの目録を書いた帳簿と言うイメージでしょうか?
それを開けば場所がまとまっている,つまり場所の代表と言うイメージなんでしょう。
あくまで,『場所を表現する』『パスを示す』という考え方で言葉を決めたようです。

逆に『フォルダ』は元はMacintoshで使われていた言葉で,Macintoshは最初から『フォルダ』ですね。
Macintoshは最初からGUIを採用しており,アイコンはクリアファイルの様ななアイコン,ファイルフォルダのアイコンでした。
ファイルを束ねておく入れ物だから,コンピューターでもファイルを束ねる入れ物はフォルダ・・・とても直感的ですね。


さて,ところが稲穂さんたら最初に使ったOSがMS-DOSなもんで,相変わらずお脳の中はディレクトリ。

で,今現在使っているOSと言えばWindows以外ではLinuxゆえ,相変わらず『ディレクトリ』と言う表現に出会います。
direction(方向),direct(直接)等,向き・方向・向かい方・中間の通過的な・・・『経路』にかかわる言葉が『direct』となっており,実際にコンピューターをオペレーションする上ではルートディレクトリから経路をたどってファイルにたどり着くので,私はどうもこっちの表現の方がしっくり来ます。
と言うか,同じMicrosoftのOS,ましてやWindows3.1もWindowsなのに表現が違い,どこか不思議な気分です。

皆さんは『ディレクトリ』と『フォルダ』,どちらを使っていますか?(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

『トラス』フレームと『トレリス』フレーム

いやね,稲穂のあんちゃんったらさ,危うくDUCATI乗りに絡まれるところだったよ。
というのが,タイトル。


トラスフレームってあるじゃない?


いや,この表現に何の疑問もなかったんです。
HONDAもSUZUKIもしっかりと『トラスフレーム』と呼んでいます。
三角形を組み合わせて作った構造物って『トラス』って呼ぶのですが,VTRなどを見ると三角形の組み合わせになっており,まったく疑問に思いませんでした。


さて,トラスについてちょっと説明を。
身近なトラスとしては,典型的なのは橋です。
たとえば・・・

Warren_truss

こんな形。
横から見るとこんな風になってる橋,よく見かけますね?
実際,このような構造の橋を『トラス橋』と呼びます。
この構造は『ワーレントラス』というトラスです。

トラスにはいろんな構造があり,三角形で構成されていれば全てトラスになります。
なので,こんなものもあります。

Browntrussdiagram

コレもトラスです。
『ブラウントラスト』呼びます。
え?『筋交いが入ってるだけジャン!』って?
いえ,筋交いで三角形ができてるでしょ?
なので,コレもちゃんとトラスです。
言い訳のようですが,コレマジな話です(苦笑

で,コレがありなもので,こんなトラスもあります。

789pxseiun_bridge_yamashiro

曲弦トラスト呼びます。
長い棒の両端を持つと真ん中がたわむ事からも分かるとおり,曲げようとする力は真ん中に一番かかります。
なので,真ん中と両端で強さを変えて均等に支えられるようにしたものです。
逆に言えば,端はそんなに強さが要らないので,端を省略して軽くしているともいえます。

で,コレが更に発展すると,こんなものが出来上がります。

Minamikawachi_bridge_fukuokajapan

『レンティキュラートラス』や『レンズトラス』と呼びます。

アーチとトラスを組み合わせた物,もしくは曲弦トラスを上下に組み合わせた物だと思ってください。
先ほどの曲弦トラスは『上と下』で形が違うのでバランスが異なりますよね?
なので,上下も対称にしたものです。
もはや『なんでもあり』,ココまで来ると幾何学模様のようです・・・

さて,トラスにすると何で強くなるのか?というと,簡単です。
四角い箱って・・・

Img_5137

こんな風にひし形につぶせますよね?
正方形も長方形も,ひし形も平行四辺形も四角形ですから。

でも,筋交いを入れたらこうなりませんね?
同じ長さの辺で『四角形』を作っても,ひし形と正方形では対角の長さが異なります。
しかし,筋交いを入れれば対角の長さが決まり,ひし形なのか正方形なのか?を決められる,その形状以外になれなくなります。

で,ここで考えてみてください。
筋交いを入れたら四角形が三角形の組み合わせになりませんか?

三角形の組み合わせ・・・つまり,トラスですね?


ざっくり言うとそんだけです(・ω・


ぶっちゃけて言うと,科学じゃなくて数学です。
数学的な話なので,おかげさまで計算が簡単になるっていうメリットもあります。


はい,トラスの説明おしまい。


さて,ココでもうひとつ。
『トラスフレーム』っていったら,なんか『DUCATI』って思ってしまいませんか?
コレがですね・・・


DUCATIは『トレリスフレーム』って呼ぶんだそうです(-w-;


めっちゃ『DUCATIのトラスフレーム』って言ってたよ!!


『トレリス』とは『格子状』という意味なんだそうです。
何か違うのかな?
どんなフレームかな?と言うと・・・

Ducati_s4rsframe01web

・・・


あの!めっさ三角形で構成されてるんですが!(-w-;


まぁ,三角形でできてるけど,確かに格子状だね・・・
あ,園芸で使うバラなんかを絡ませる格子のアーチ,あれもトレリスって言うそうです。
あぁ,今映ってる部分,タンクをはずすと格子のアーチ状に見えるから・・・
おっしゃれ~♪


って!どうでもえぇわ!


結論:呼び方が違うだけ。結局トラス。


というわけで,興味を持って調べては見たものの,あまり気にする必要はないようです。
DUCATIの時は『トレリス』って呼べばいいだけのようです(--;


あ,因みにトラスの図はWikipediaから拝借しました。
Wikipediaの『トラス橋』を読むと,もっといろんなトラスが載ってます。
興味のある人は見て見てください。
トラスにはいろんな発展形があり,読んでみると面白いですよ(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

一区切り

変な気分・・・
10年10ヶ月・・・
長かったような,短かったような・・・



1月31日,10年と10ヶ月付き合った会社,辞める事にしました。



まぁ,いろいろあったし,いろいろやったし・・・
でも,まだやりきってない気もする・・・
とは言うものの,ある程度はやった気もする・・・

不思議なもんで,明日がまた仕事のような気がする・・・
そんなわけないのにね・・・


以前,黒猫の話をしたけれど,やっぱ黒猫だった・・・
で,求めていた『あ,帰ってきたの?』って気楽に迎えてくれたところがあった・・・
7年担当したプラントだった・・・
正直うれしかった・・・


とりあえず,ひとつの区切りをつけることにしました。
この先,どうなるのかな?

まぁ,ばたばた忙しかったし,失業保険もらうにも3ヶ月かかるし,少しゆっくりする事にします。
今,何かを判断しても冷静に判断できない気がする。

さて?何しようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »